【変えるにビビらず、変える覚悟をする】

[ 人生を・自分を変える ]

「人生を変える」
「自分を変える」
にはどうすればいいのか?という問い。

そのことについては、環境を変えるしかない。

環境を変える覚悟をするということ。

環境を変えるというのは、
自分の構造を変えるということ。

どんな人と付き合っていくのか、
どんな人間関係を築いていくのか。
自分の周りの構造をどのように造るのか。

ここで、悩むのが今までの友達との関係。

友達だし今まで通りに付き合っていきたい。
誰でも最初はそう思います。
しかし、付き合う人・自分の周りにいる人を変えない限り

「今まで」から変わることはありません。

要するに、
自分がどのような
言葉に反応できる環境を
作ることができるのかが重要になってきます。

自分という存在を考えてみると、
自分が見ている世界には、
自分は存在していないということ。

どういうことかというと、
自分という概念は、
自分以外の他者が見ている世界にしか、
自分という概念は存在しない。

だから、

自分自身をどうこうしようとしても変わるはずはない。
自分の環境(構造)を変えない限りは何も変わらないのです。

自分という概念を認識してくれる、
周りにいる他者を変えれば、
自分という概念が変わる。
自分という存在を見てくれる人を変える。

自分の周りの環境(構造)を変える。

それが、

イコール自分を変える・人生を変えるということになる。

polarizing filter for camera looking at the sky

[ 視点を変える ]

縛られない「人生を」おくる為には、
世の中の構造を理解して、人と違う視点を持つこと。

人は誰でも自分の「コード」を持っています。

コードとは:
自分が当たり前に正しいと思っていること。
自分の中の常識や思い込みのこと。

この「コード」を持ったままで物事を見ていても
見える世界は変わりません。

どうしても、今までの常識や思い込みって
自分の中で優先順位が高い。そこを切り離せないんです。

でも、視点を変える為には、
そこを乗り越えていく必要があります。

まずは、
自分が何を常識として、どんな思い込みをしているのかを把握する。
そのコードを脱する。
脱コードです。

そして、コードを乗り越えた考え方。
それが、

「デコード」です。

デコードとは:
正しいとされていること、
当たり前とされていること、
常識、
疑いようがないことを
根底から覆してしまうような、

枠に囚われない自由な思考・自由な発想で、
モノゴトを捉えていくこと。

「誰かが勝手に作り上げた枠に囚われず、
別の枠を勝手に設定して、
自らその枠に囚われるという
自由な世界観のこと」

今、誰も見ていない領域を
みる視点を持つことが、

これからは、重要になってくる。

関連記事

  1. 【 違いを受け入れる天秤 】

  2. 【「理解した!」この感覚が一番まずい!!】

  3. 【豊かな会話】

  4. 【主語】

  5. 【らしさ】

  6. 【行動力に「カンシン」する。】

PAGE TOP