【会話は頭の中をリフレッシュする!?】

経営者や事業主又は組織を率いる立場というのは、
ときに「孤独との戦い」に身を置かなければいけません。

「自分を追い込むこと」 = 「考えを酷使する」
この状態が続いていると、
頭の中がコリコリに凝り固まってしまいます。

思考が凝り固まってしまって、
アイデアが浮かばない。
発想が全然出でこない。

こんなことで悩んでしまうことって非常に多いですね。
悩めば悩むほど、
固まってしまう思考。

では、
どのように頭を休ませれば良いのでしょうか。

それは、
「人に会う」ということです。

どういうことかというと、
頭の中をリフレッシュさせるために、
人をうまく利用することなんです。

自分だけで考えて仕事をこなしていくことは、
確かに効率がいいことかもしれませんが、
頭の中をリフレッシュさせるという観点では、

「なかなか難しいのでは」

と思います。

確かに、
意図的に隙間時間を作って人と会ったりすると、
仕事のペースが落ちてしまうことになります。

仕事で時間的に追われているときに人と会うとなると、
「面倒くさいな」
と思うこともあります。

ですが、
このような考え方こそが、
思考が停止してしまう要因となっているのです。

あえて人と会うことで、
仕事のリズムを変えて、
頭を休ませてるという意味で変化をつける……。

ただし
人と会って頭を休ませるためには、
ちょっとしたコツがあります。

それは、
会話をする時に目的を持たずに、
ただただ、今頭の中にあることを喋るということです。

そこで自分の頭の中を開放させるのです。

コリコリに凝り固まった頭の中の言葉を、
解放して放出することで、
頭の中を何もないフラットな状態とする。

そして、
仕事に向き合うことで、
圧倒的にパフォーマンスが高い仕事となるのです。

ひらめきとかアイデアって、
なんか違うことを考えていたり、
何か別のことをしている時とかに、

「あっそうだ!」

みたいな感じで浮かんでくる……ということってありませんか?

目の前の課題に黙々と向き合っている時は、
全然浮かんでこないのに、
まったく関係のないことを考えている状態の時に、
アイデアが浮かぶことって結構あります。

つまり、
凝り固まってしまった言葉に支配させている頭では、
多くの新しいひらめきやアイデアが入る隙間がないということ。

なので、
固まってしまった言葉を外に出すことによって、
新しいひらめきという言葉が頭に入るのです。

人と会話をすることは、
リフレッシュすることなのです。

関連記事

  1. 【 何をどう表現する?人はみな創造者 】

  2. 【 真剣に伝える 】

  3. 【「相対性」と「絶対性」あなたはどっちを選ぶ?全てはあなた次…

  4. 【生まれていなかった?!癖が強い!】

  5. 【すれ違う】

  6. 【中正へ】

PAGE TOP