【 アイデアはディフェランスの中にある 】

アイデアの語源「イデア」

イデアとは「見られるもの」「理想」

そのイデアを語源とする

アイデアとは、

「組み合わせ」「既存編集」「思いつき」「着想」

今、世の中にあるものを一度分解して、

今、良いとされているところを抽出する。

そして、

その細かく分解され抽出された

今、良いとされているもの同士を色々な形に集め直したものが、

世の中でいう新しい「アイデア」となる。

よって、

新しい「アイデア」を生み出すためには分析力が重要となり、

分析するためには多方面からの視点が必要となってくる。

今まで見えていなかった領域を見る視点で、

知らない世界を知ることによって、新しい組み合わせが誕生する。

今までにない、

全く新しいオリジナルを生み出すことが「アイデア」ではないということ。

フランスの哲学者:ジャックデリダもこのように言っている。

”この世界に、オリジナルはない”

”私たちの世界は、コピーが永遠に差延されていくだけ。

「言葉の戯れ(たわむれ)の中に生きている」

オリジナルは、すでにコピーを含んでいる”

オリジナルとしての思考や感想も、

それ以前に誰かが作り出したコピーになっている。

一つの今ある物事(コピー)をより細かく分解して、

分解された物事(コピー)同士をいろいろな形で組み合わせながら、

新しいとする物事(コピー)を完成させる。

このことを、

「アイデア」という。

「アイデア」とは浮かんでくるものではなく、

複数のコピーの組み合わせによって現れるもの。

やはり「アイデア」を生み出すためには、

物事をより細かく分解する【視点】と、

今までの固定概念や先入観を乗り越える【考え方】を持つことが

とても重要となる。

関連記事

  1. 【貼り付いた想像】

  2. 【 日曜日の湘南 】

  3. 【固定を流動する】

  4. 【世界観】

  5. 【 原因とは何か。視野を狭くするもの? 】

  6. 【思い込みこそ唯一頼れる存在?!だから〇〇をしよう!】

PAGE TOP