【 自分の音色を確認する 】

一度調律したピアノは、

一生調律師として関わっていきたいんです!

という言葉が印象的だった。

貴重な話を聞かせてくれた知人はピアノの調律師をしている。

この人と話をしていると、

自分が調律されているような錯覚。

「ピアノは生き物です」

の意味を原因として話してくれた。

[ 音の狂いが生じる5つの原因 ]

1.ピアノは生き物

2.弦本来の狂いがある

3.弾く量で狂う大きさが違う

4.環境によって変化する

5.空調機器・暖房機器による影響

ピアノの構造材料は、木材・皮革・フェルトといったような天然素材を

巧みな技術によって、組み合わせられ作られています。

よって、

温度や湿度や使用する頻度によって音の狂いが生じて、

音色などの機能低下を起こす事になり、

金属の弦は張力によって引き延ばされるために、

時間の経過とともに弦が伸びるようです。

また、ピアノを使用する人の使用時間や、

鍵盤の弾く強さによっても様々だという事でした。

そして最後に重要なのが、

ピアノを設置する環境です。

設置する場所の環境に馴染み落ち着く時間が非常に重要で、

西陽に当たりすぎないかとか、風に当たらない場所なのかとか。

暖房器具や空調機器が直接影響していないかなど、

本当に気を配る必要があるそうです。

ピアノが快適と感じるのは、

気温15~25℃で、湿度は50~70%だそうです。

人間が快適と感じるのと同じなんですね。

「ピアノは人間と同じなんですよ」と言っていました。

今回感じたのは、

人間も定期的にとは言いませんが、

お話を伺ったピアノ調律師さんのような視点で自分を見てくれる

自分以外の存在が必要であると思いました。

人と会話をすることで自分の音色を確認する。

非常に大切な視点だと思います。

関連記事

  1. 【タイムマシーンの正体は「問い」だったの?!】

  2. 【 頭の中は常にフラット 】

  3. 【固定観念にそぐわない】

  4. 【生まれていなかった?!癖が強い!】

  5. 【気づく】

  6. 【 アイデアはディフェランスの中にある 】

PAGE TOP