【 勝手な固定概念や先入観でモノゴトを見ることが「なるほど」となる 】

昨日、

「なるほど」

という記事に出会いました。

お客様からの

問い合わせや返品、クレームなどに対応をする

カスタマーサービスセンター。

その

カスタマーサービスセンターが、

美しくデザインされ、

まるでショールームのような雰囲気である。

という記事だったのです。

この

美しくデザインされたショールームのような雰囲気の

カスタマーサービスセンターをデザインした人物は、

グッチのクリエイティブ・ディレクター:

アレッサンドロ・ミケーレです。

アレッサンドロ・ミケーレは、

世の中の価値やジェンダーの概念、

アイデンティティに新しい視点をもたらしながら、

ファッションの流れを大きく切り替えた人です。

カスタマーサービスセンターを、

グッチらしくデザインした

アレッサンドロ・ミケーレの理由が「なるほど」となりました。

今回のデザインコンセプトが

「人間味のあるサービス」

美しいものに囲まれていると人間は自然と笑顔になる。

電話で顧客とのやりとりを、ぜひ笑顔で接客してもらいたい。

と考えた。

音声を専門とする研究所とも提携をして、

「音声を聞いただけで相手が笑顔で話しているかどうかが分かる」

という視点からも考えていたようです。

今回のことを振り返ると、

「カスタマーサービスセンター」

という言葉に勝手に貼り付いた固定概念や先入観で、

今回の記事に目を通したからこそ、

「なるほど」

という風に感じてしまいましたが、

こう感じてしまう視点が「なるほど」と思ってしまうだけであって、

このような視点ではない人には、

決して「なるほど」と思うような記事ではないということです。

日頃から如何に

自分自身が固定概念や先入観に囚われ、

偏った視点でモノゴトを認識しているのかということを

痛感した今回の記事だったと思います。

関連記事

  1. 【選択】

  2. 【思いやり】

  3. 【貼り付いた想像】

  4. 【Fluctuation】

  5. 【先入観】

  6. 【 原因とは何か。視野を狭くするもの? 】

PAGE TOP