【「鼻うがい」という言葉に反応をしたから習慣となった 】

一ヶ月くらい前から「鼻うがい」をしています。

今では「鼻うがい」をすることが習慣化されていて、

「鼻うがい」をしないとなんだか気持ちが悪くて、

生活リズムの一部となっています。

この「鼻うがい」が習慣となったキッカケは、

長男が何気なく言った

「鼻うがいをしてみたい!」

という言葉に反応した時から始まりました。

何度か

「鼻うがい」

という言葉は耳にしていたし

目にしていたと思うのですが、

その言葉に反応していなかったので、

今まで取り入れてこなかっただけなのです。

そうか「鼻うがい」ね。

ちょっとやってみようか。

ということで、

Amazonで鼻うがいのキットと

鼻がツーンと痛くならない粉(塩化ナトリウム)を購入しました。

初めのうちは、

使用することに慣れていないこともあって

「鼻うがい」をした後に違和感を感じていたのですが、

何日か続けていくうちに、

「鼻うがい」をしない日は

なんだか違和感というか気持ち悪さを

感じてしまうようになっていきました。

すっかり今では、

朝と夜に一回づつ「鼻うがい」をしているので、

鼻が痛くならない粉の減りが早くて困っているくらい、

二人して習慣化されてしまいました。

今まで

長男と共に蓄膿気味だったのですが、

「鼻うがい」を始めてからは

かなり鼻の調子が良いです。

「鼻うがい」

と言う言葉を今は、

知っているので、

「鼻うがい」を行わない気持ち悪さが、

かなり不快に感じてしまいます。

もう、

「鼻うがい」を

知らなかった時には戻れません。

人は、

どのような言葉に反応をするのかによって、

習慣が変わり、考え方や視点が変わっていきます。

大げさにいうと、

反応する言葉によって人生が変わる。

今回のことは、

長男が言葉を発していなければ何もなかったし、

また発した言葉に誰かが反応をしなければ何もなかったのです。

「鼻うがいをしてみたい」

という言葉に反応をしたことから始まった習慣の話。

関連記事

  1. 【浮き沈み】

  2. 【 自分の音色を確認する 】

  3. 【志す】

  4. 【またいつか】

  5. 【見る】

  6. 【幕妄想】

PAGE TOP