【 ROUTINEを無くす 】

思考が凝り固まってしまって、
アイデアが浮かばない。
発想が全然出てこない。

こんなことで悩んでしまうことはありませんか?

自分を追い込んで、
考えを酷使する状態が続いていると、
頭が凝り固まって
このような状態に陥りやすくなります。

悩めば悩むほど
固まってしまう思考。
どのように頭を休ませれば良いのでしょうか。

それは、「今までのroutine」をやめることです。
routineとは、今までに自分が決めた
カチカチの自己固定点です。

「これをやっているから、、、」
「いつものリズムで、、、」

だから、凝り固まってしまうのです。

「いつもと違うリズムで」
「やったことがないことを行う」
など、
自己固定点は捨てて、
自己を不安定な状態へとすることです。

不安定な状態だからこそ、
見えてくるコトがある。

私は、今朝3:00に起床し、駅まで30分歩き、
始発電車で北鎌倉の円覚寺に行って
「暁天座禅会」に参加してきました。

いつもの朝とは全く違う朝。
道路も駅も円覚寺にも、ほとんど人がいない空間。
この空間が、ものすごく新鮮で心地よく刺激的でした。

そして、
約1時間の「座禅」
頭の中に色々な「言葉」が浮かび上がる。
しかし、いちいち「言葉」を意識はしない。
静寂の中「雨」の音だけを聴き、
背筋を伸ばし頭の先から「気」を取り入れ
「丹田」へと集中させる。

自己がどのように変わったのかなんてわからないが。

そして、「座禅」を終えると次へと足早に移動する。
鎌倉の小町通りだ。

何処のお店も開いていない、人がほぼいない小町通りを歩いたことはありますか?

いつも見ていた小町通りは、
人のものすごい波の中を、流れに身を任せ、
時にその流れに逆らって目的を達成しなければならない。

しかし、今日は違う。
こんなにゆっくりと小町通りを歩いたことは、
今までにあったであろうか?
いや、ない。

ゆっくりと歩くことによって
色々な発見があった。
これだけでもう十分だ。

メイン通りから脇道に入ると
・美術館
・映画記念館
・陶芸教室
などなど
今まで気付かずにいたコトが発見できる。

そんな中
「石島邸」という建物を発見した。

石島邸は、外国映画の輸入や配給、日本映画の海外への紹介など国際的に活躍された
川喜多長政・かしこ夫妻の別邸として使用されたこともある建物です。

クラシックな雰囲気で鎌倉らしい小路の風景にとけ込んでいます。

今回は、
今までのroutineから外れ、
あまり多くの人がしないことをすることで、
ものすごく感じるコト・モノがありました。

これからも、
どんどんroutineを外し、
人と違うことをして、
多くの人が見ていないモノを見るために、
自己を常に不安定とさせます。

老子の言葉

「道は道とすべきは常の道にあらず…本当の道は、不変の道ではない…万物は常に変化し続ける。これが宇宙の本質である。ものごとはすべて変化の中でとらえなければならない」

鶴岡八幡宮は今、ボタンが見頃のようです。

関連記事

  1. 【ルーティン】

  2. 【いばる】

  3. 【おもいこみ】

  4. 【持たないか、沢山持つか。ひとつはダメ!】

  5. 【主語】

  6. 【自信はあなたの敵?となる。自分の価値なんていらない!】

PAGE TOP