【 纏う 】

本日も、クライアントとのセッションへと向かう。

人は必ず自分の「言葉」を纏っています。
また、自分なりの「哲学」を纏っている人も多いでしょう。

本日のクライアントは、個人事業主の方。
相手が今、どのような「言葉を纏っている」のか?
今後どのような「言葉を纏っていきたい」のか。

セッションを通じて、
相手が現在縛られている「言葉」=「固定点」を見つけ出し、見えるように言語化していく。
そして、今までにあった「常識」「先入観」「価値観」を解きほぐしてゆく。

相手の問題点や課題点は、己で作り上げた枠の中に固定されてしまっていたことが大きいのです。
その、固定されてしまっていた枠の外側に視点を移すことによって、
さらに、己の世界観を拡げていける。

今まで「見えていなかったコト」「知らなかったコト」が
見えてきて知るという感覚。
この感覚こそが、自由な思考・発想へと変化していくのです。

ソアサービス研究所のインディビデュアルセッション。

本日のクライアントは、一体何を見ることができるのであろう。

※セッション前の一休み

関連記事

  1. 【ただの快楽である「知る」は必要か?!】

  2. 【豊か】

  3. 【To accept “now”】

  4. 【依存せずにきちんと生きていける人は、世の中に存在していない…

  5. 【自分への執着】

  6. 【表現豊かに】

PAGE TOP