【自分を言語化?!現在地を知るために必要なコト】

おはようございます!
小島です。

本日も
【 あなたを幸せにする「言葉」との向き合い方 】
についてお伝えしていきたいと思います。

現在地とは何か?!

ズバリ、それはあなたの言語認識能力です。

簡単に言うと、どんな言葉を認識していて、どんな言葉を認識していないのか。
を知ること。を把握するために、今の自分を言語化する必要があるということです。

この言語化をすることがすごく重要で、
前回「表と裏」の話しをお伝えしましたが、
人間というのは「表」というものを言葉を使わずに説明することができません。
表だけではなく全てのものは言葉を介してしか認識ができないのです。

ビジネスの世界では、よく逆算で物事を組み立てていくと言われていますが、その通りだと思います。

例えば、今から大阪へ行ってください。と言われても現在自分自身がどこにいるのか把握できていなければ何から考えていけばいいのか、全くわからないですよね。
東へ行くのか?西へ行くのか?車?飛行機?新幹線?行動する手段もわからない。
そもそも日本にいるのか?さえもです。
だから、現在地を知る必要があるわけです。

(寄り道)
”ビジネスの逆算
・結果
・要因
・原因
・対策
結果・要因・原因の順に思考することで、
具体的な施策(しさく)をゴールに移す逆算をする
ビジネスでは結果が重要、すべては結果で成り立たせる。
しかし、現在地を知らなければ結果を導き出せない”

【002】でお伝えした、
「焦点」(見えていた時)と「盲点」(見えていなかった時)の『差』を思考すること。
あなたにとって「表」ってなんだったのか、言葉って何だと思っていたのか、あなたにとって事実とは何だったのかと色々な視点から考えを巡らせて、「自分の言葉」として語れるようにしていく。これが言語化といいます。

自分は今、どれだけの言葉を持っていて、どのような表現ができるのか。
自分が何を知っていてどこに「気づき」があったのか、徹底的に向き合って、
今の自分を認識し限界まで言葉にすることが、現在地を知ることです。

ゆっくりで大丈夫です。しっかりと行なっていきましょう!

【LIBERAL & CREATIVE】ALIVE.

関連記事

  1. 【新しいこと】

  2. 【 便利って、ものすごく不便 】

  3. 【Sense of mission】

  4. 【専門】

  5. 【 FARA boutique 】

  6. 【時を超えてとどく・・・貴重】

PAGE TOP