【タイムマシーンの正体は「問い」だったの?!】

【005】

おはようございます!
小島です。

本日も
【 あなたを幸せにする「言葉」との向き合い方 】
についてお伝えしていきたいと思います。

いきなり問います!

あなたの強みは何ですか?
あなたが唯一なコトは何ですか?

このような問いに対して、あなたはすぐに答えられますか?

いきなりですと難しいかと思うので、このように質問してください。
質問1 : あなたが今までに行なってきたコトとは何ですか?
質問2 : 逆に、あなたが行なってこなかったコトとは何ですか?
質問3 : 最後に、今までに行なっていればよかったなーと思う(感じる)コトとは何ですか?
各質問5分間くらいで大丈夫ですので、しっかりと思考してみましょう。
もちろん思考するだけではダメで、頭に浮かんだことはしっかりと書き出してください。

〜 思考中 〜

どうでしょうか、しっかりと質問に向き合えましたか。
頭の中から書き出された言葉(文章)の中から、
あなたの強み、唯一なコトは見つけ出せましたでしょうか?

実は、この一つ一つの設問は、全て「過去」のことです。
今回は質問に対しての説明を詳しくお伝えは致しませんが、
ここで重要なのは、「現在」から「過去」へと視点を動かしてもらったということなのです。

どうゆうことかというと、
現在のあなたから、過去のあなたへと視点を変えるコトで、思考をぐるぐると巡らせてもらいました。
「現在」に張り付いてしまっている視点と考え方を
「問い」という名のタイムマシーンで、
「過去」へと強制的に移動してもらったのです。

こうやって、今後も意識的に視点をズラしていくことで、
「現在」ではない「過去」に捉えていたであろう言葉を再度認識することによって、
あなたが捉える言葉が色々な可能性へと繋がり、世界を広げていくことができるのです。
いつも同じ固定点から眺めていたのであれば、見えてくるモノはいつも同じ。
世界に拡がりが持てず、狭い世界での思考しかできなくなってしまうのです。

では、質問を続けます。
しっかりと視点をズラしてください。

質問:「もし明日から仕事も稼ぐこともしなくてよくなったら、あなたはこの先に何がしたいですか?」
について思考してください。

〜 思考中 〜

どうでしょうか、しっかりと向き合えましたか。

もう、お気づきだと思いますが、
この質問については、「現在」から「未来」へと視点を移してもらっています。

この質問は非常に難しかったと思うのですが、すごく重要で、
実は、この質問に対して思考し尽くして出てきた言葉こそが、

”本当にあなたが生涯にわたって成し遂げ、行なっていきたいこと” = 大義

が書き出されたのだということです。

最初の質問では、「現在」から「過去」へと視点を移してもらいましたが、
最後の質問では、「現在」から「未来」へと視点を移してもらいました。

どちらかというと、未来を思考(想像)するというのはとても難しい思考です。
未来を考えることが、難しいとあなたも感覚でわかっているからこそ、目を背けてしまいます。

(快楽原則)
”人間は痛みを避けて快楽を求める”

人間というのは、想像することが難しい未来から目を背け、
より具体的に感じることができる現在に視点をおきがちです。

ですから、しっかりと目を背けずに、
まずは、頭の中にある「モヤ」を「0」(現在地)と変えて、0→1への未来を想像し、
「ゴール(あなたが成し遂げたい大義)」を創る。

例えるなら、人生はマラソンと同じです。
どんなに走ることが得意でも「ゴール」がなければどこへ走っていいのかわからない。
「あなたのゴールはどこですか?」
「何を成し遂げようとしていますか?」
ゴールを持たない今のあなたは、
進んでいるのではなく、
走っているのではなく、
ただただ、さまよっているだけなのです。

今回の最後の質問、
「もし明日から仕事も稼ぐこともしなくてよくなったら、あなたはこの先に何がしたいですか?」については、これからもしっかりと視点を移し、向き合って思考してみてください。

ゆっくりで大丈夫です。しっかりと行なっていきましょう!

【LIBERAL & CREATIVE】ALIVE.

関連記事

  1. 【メタ認知】

  2. 【眺める】

  3. 【浮き沈み】

  4. 【今しかない! 今じゃない。】

  5. 【固定を流動する】

  6. 【 アイデアはディフェランスの中にある 】

PAGE TOP