【常に「疑い」を持つことが重要!←にも「疑い」をかけよう!】

【010】
おはようございます!
小島です。

本日も
【 あなたを幸せにする「言葉」との向き合い方 】
についてお伝えしていきたいと思います。

前回の文章で、「疑いが生まれてしまいます」とありました。

モノゴトを捉えていく時、常に欠かせない視点があります。
それは「疑い」です。

様々な情報を鵜呑みにすることなく、まずは「疑い」をかけてみる。

という私の言葉すら、早速鵜呑みにしないことが重要です。
しかし、
あらゆるモノに「疑い」をかけていては、疲れ果ててしまいますね。

大切なのは、何に「疑い」をかけていくのかということ。
それは、
「今までの常識」や
「今、正しいとされていること」や
「当たり前だと思っていること」に疑いをかけるのです。

では、この「疑いをかける」視点を身につけるにはどうしたらよいのか?

それは「ない」を考えてみることです。
ない世界を考えてみればいいのです。

「ない」を考えるということは、「ある」を考えないということになります。
要するに「今あること」「今ある世界」を考えないということです。
「ある」を考えないようにするために「疑い」、「ない」を考えていく。

ではどのようにすればよいのか?

例えば「言葉」
この「言葉」が、もしない世界だったとしたら、どうなるのか?を考えていきます。
いやいや無理でしょ!って思いますよね。
でもそういった先入観こそが固定点です。まずは「ない世界」を考えてみることです。

思考して考えに考えて出てきた結果、やはり「言葉」は必要だということになるのであればいいのですが、
初めから「いやいや無理でしょ」と決めつけてしまうことがやはり危険ということなんです。

言葉がないのであれば、
例えば相手に対してジャスチャーで伝える!
音で伝える!描く?匂い?テレパシー?表情で?
でも、相手に伝わったかどうか相手からどう確認しようかな?
色で決めておく。黄色の時は「ハッピー」赤は「怒っている」青は「落ち着いている」とか。
でもそもそも、お互い同じように認識ができるよう、初めに「言葉」で打ち合わせをしておくこともできない。では、何を共通認識とするのか?
だめだ「共通認識」自体が言葉でできてしまっている。困りますね。

結果 ”人間は、言葉を介してしかモノゴトを認識することができない” となるわけです。

こうやって、今まで使っていなかった思考をぐるぐると巡らせる。
今回は、一番の上位概念である「言葉」で行いましたので大変でしたが、
例えば「男女」とか「車両」とか「お金」とか「テレビ」や「スマホ」がない世界とは?
なんていうテーマで考えてみるのもいいと思います。

「疑い」をかけ「ない」世界を考える。
その先には、今のあなたの固定点を解き解すことへと繋がっていきます。

ゆっくりで大丈夫です。しっかりと行なっていきましょう!

【LIBERAL & CREATIVE】ALIVE.

関連記事

  1. 【判断】

  2. 【 フィリップ・ド・ロスシルド男爵 】

  3. 【無論】

  4. 【 transparent 】

  5. 【何ごともない】

  6. 【止揚し続ける人には当たり前!思考を回すための、〇〇人になる…

PAGE TOP