【言葉と感情を切り離した時に、本当の思考が始まる】

【022】

おはようございます!

小島です。

本日も

【 「言葉」との向き合い方 】

についてお伝えしていきたいと思います。

「何をしたらいいですか?」

「何をしていいかわからない?」

最近よく質問されます。

私は、

「できることをやるしかない」とトートロジーを交えた返答をしています。

今あなたの

目の前にいる人、近くにいる人に対して、不足しているモノを補ってあげればいいのです。

難しく考えずに、すごくシンプルに簡単に考えればいいです。

例えば、

笑顔が不足していたら、笑わせてあげるとか、

食べ物が不足していたら、分けてあげるとか、

言葉が不足していたら、教えてあげるとか。

とにかく、

コツコツとできることの積み重ねをしていくことで、

また、次の「不足」を見つけることができるのです。

世の中は全て、均整でできていますから、

何かが不足すれば、そこを補ってあげることによって成り立ちます。

バランスよく保たれたシーソーのようなモノですね。

このバランスが崩れていってしまうから、おかしなことが起こっていくのです。

人は必ずどこかのポジションを任せられています。

あなたもきっとどこかのポジションです。

そして、

各自ができることは無数にあるはずなのですが、

その時にあなたを邪魔するものがあるんです。

それが、

「感情」です。

言葉には必ず、感情が張り付いてしまっています。

外向・内向 、 高い・低い 、 上位・下位 、 抽象・具体 、

広い・狭い 、 良い・悪い 、 不安・安心 、 必要・不要 、

自然・人工 、 金持・貧乏 、 年配・若い 、 幸せ・不幸 、

大人・子供 、 正常・異常 、 多数・少数 、 単体・複合 、

文系・理系 、 利口・馬鹿 、 太い・細い 、 頭脳・肉体 、

早い・遅い 、 得意・苦手 、 好き・嫌い 、 長い・短い 、

書き出すときりがなく無数に存在するので、このくらいにしておきますが、

あなたはどの言葉をどのように捉えましたでしょうか?

どんな感情が張り付いていますか。

あなたの当てはまる「ポジション」はありましたか?

 

1つ1つの言葉の解釈は、一人一人様々で違った捉え方をします。

どちらが良い、悪いと言うことは本来ないのですが、

人間は勝手に無意識的に優劣をつけてしまう。

優劣など人間の勝手な意味付けでしかない。

どれも欠けてはならない必要とされるポジションです。もちろん中間点もあります。

状況・時間・場所などによっても捉え方が変化をしていくことでしょう。

各自がそれぞれのポジションを担うことで、

バランスが何かしらの影響を受けて崩れそうな時には、

必ず何かが修正を行い、バランスを保ってくれるようになっているのです。

偏りがバランスを崩してしまう。

世の中は「不」に対して、誰かがそれを補うことで成り立ちますが、

また、次から次へと新たなる「不」が登場するのです。

その度に、補うことを考えていく。

この時に、

1つ1つの言葉から感情という厄介なものが切り離されると、

本当の人間としての思考が始まるのです。

あなたのポジションは、すでに振り分けられています。

あなたのできることをコツコツと行なっていきましょう!

いきなり難しいことをしようとしなくて、大丈夫ですから。

【LIBERAL & CREATIVE】ALIVE.

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. 【生まれていなかった?!癖が強い!】

  2. 【人間味ある言葉を】

  3. 【not good at 】

  4. ソアサービスについて

  5. 【月を愛でる】

  6. 【思いやり】

PAGE TOP